2017年7月28日 更新

入社5年目までの若者に調査!3人に1人が入社直後は一人暮らし、その時の家賃は5万円台がボリュームゾーン

gettyimages (445)

海の日も終わり、本格的な夏を迎え、新社会人の人もだいぶ仕事に慣れてきたタイミングではないでしょうか?

とくに就職を期に一人暮らしを始めた人にとっては、プライベートに仕事に目まぐるしい変化があったはず。

そこで、就業1~5年目の方に入社直後に一人暮らし状態だったか、また、当時の家賃はいくらぐらいだったのか国内最大級のスマホ調査パネルを有するスマートフォンリサーチプラットフォーム「LINE Research Platform」にて調査を行いました。

33.1%の若者が入社直後に一人暮らし状態

 (438)

実家暮らしは59.2%、就職直後は実家から仕事場に通っていたという人が半数以上になりました。

これに対して一人暮らし状態だったのは33.1%と、3分の1程度。

学生時代から継続して一人暮らしを続けている人も含まれているため、就職を期に一人暮らしを始めたという人はそれほど多くなさそうです。

また、男性と女性の割合を見てみると、男性=36.9%、女性=29.3%と男性の方が7.6ポイント一人暮らしが多いという結果に。

初任給の平均額が男性より女性が低いというのも、女性の一人暮らしのほうが少ない理由のひとつかもしれませんね。

一人暮らしの新社会人、就職当初の家賃は4人に1人が5万円台

 (441)

入社直後に一人暮らしをしていた人のうち、25.5%が5万円台の部屋に住んでいたという結果になりました。4人に1人となり、最もおおいボリュームゾーンになっています。

家賃にプラスして、食費、光熱費がかかってくることを考えると……、入社してすぐには遊ぶお金をなかなか用意できませんよね。

男性はボリュームゾーンである5万円台とそれ以下の家賃を合わせると66.4%に対して、女性は50.6%と16ポイント近くの差に。

6万円台以上では、男性が31.0%、女性が47.3%と、女性の方が家賃が高めになる傾向にあります。

女性の場合、セキュリティの面などを考慮して、オートロックや2階以上の物件をセレクトするためにどうしても家賃は高めになってしまうのでしょう。

ちなみに、首都圏の一人暮らしでは家賃が高めとなり、ボリュームゾーンは5万円~8万円台と幅広く、5万台=19.3%、6万円台=19.3%、7万台=14.5%、8万円台=18.1%という結果となりました。

【調査概要】

調査方法:「LINE Research Platform」を活用したスマートフォンリサーチ
調査対象者:全国の大学卒 社会人歴5年未満の20~29歳(「LINE アンケート」モニター)
有効回答数:617名
▽サンプル構成
社会人1年目/社会人2~3年目/社会人4~5年目 男女 ほぼ均等に割り当て
調査時期:2017年5月19日(金)~2017年5月20日(土)
10 件

この記事のキュレーター

タイムスポット編集部 タイムスポット編集部